よくあるご質問 プラント設計環境エンジニアリング工場機械
工場増設 配管設計 ユーティリティー設備 プラント工事


[カテゴリー] プラント工事


機械工事



機械工事      



機械工事 新規





機械工事 機械据付工事の流れに沿って案件別にプラント技術者が解説します。


プラントメーカーであります株式会社アイエヌジーが


プラント設計から建築まで一括して対応していますので、詳しくは 工場増築 増設 もご覧下さい。


プラント工事の鹿児島での実務や鹿児島県内のプラント工事も多数手掛けており、


更に、九州のプラント工事から全国のユーザー様向けに実績が多くあります。


新設工場の機械工事は特に設計の段階から機器搬入、工場内取り込み、組立など


いわゆる、据え付けの優先順位等、敷地計画から外部動線まで


検討を重ねられていることが必要且つ条件ではあります。


現地へ機器の搬入では計画の検討とは別におくが深く日程の調整、搬入トラック、トレーラー


などの交通整理、段取りに時間を要しますので早い段階からリスト管理等行なう必要があります。


工場内配置別に屋根の開放(屋根梁と母屋の範囲で屋根材を後やりにして開けておいて


屋根から重機で工場内にとり込みます。


話は前後しますが、初期の建築と機器配置計画の検討は一つはこの時のために行うことでもあり、


あとあとまで影響するということです。


尚、この紙面では多様に重なり長くなりますので工程の解説は別記事 機械工事新設工場 もご覧下さい。

機械工事 既設




機械工事 既存


既存工場の機械工事では、主に次に掲げる状況があります。


ラインを増設する場合


増築が関係している


工程にタンク類や全く新規の機械を入れたい


配管のレイアウトを既存の問題としてやりなおしたい


上記のタンクと関連した配管の改造


など揚げればきりがありませんが、共通して言えることは、


屋内屋外問わず、すでに対象の周りに既存の機器、配管、ケーブルラックが走っている


ダクトが通っているなどざっと揚げただけでもこれだけあります。


合わせて機械工事既設工場 もご覧下さい。

機械更新工事




機械更新工事

機械更新工事のなかには上記「機械工事既存」と重なる条件がありますが


一般的には工事範囲が広くなる傾向があります、そのなかで


もう一つは、工場内のブロック地区全てを更新するというものです、


これは、基礎も取り払いFL全体を取り払い新に機器配置からやり直すというものです、


ダクト配管も同時に撤去することも必然ではありますが


新設とちがうのは、その屋外も既設としての制約エリアなわけです、


綿密に既設建屋と敷地の状況を知ることが必須となります。


合わせて機械更新工事


弊社の実績もご覧ください。