[カテゴリー] プラント工事

機械工事 新設工場


機械工事 新設工場      

機械工事、機器搬入から工場内とり込みまで:
(1)搬入や重機の計画を基本として当日にむけ現地の確認をします、
実際には臨機応変の対策も求められますので、日頃からケースバイナースの仮定を予測したり、
経験のつみ重ねも必要ですが、別記事の機械工事 既存工場 の(1)(2)項と基本共通しています。
(2)機械工事 新設工場においては、大まかに以下のものも同時期に搬入されます
ダクト、サイクロン、集塵機、配管材、ボイラー、ポンプなどのユーティティりティー、
計装機器とケーブル関係、電力配電機器、などと建築設備との関係も重なります、
具体的な日時やタイミング的には計画調整されているとおもわれますが、視野が必須になります。
機械工事 既存工場

(3)各セクションが同時に進行しますので、そのためだけではありませんが、
工場内外全体を工区分けして管理する場合が一般的です。
(4)それぞれの分野として共通してくる都合の一つに、機器が壁を貫通する場合です(間仕切り含)
機械側、建築の空調ダクト、及び両方の配管類とサポート類、開口仕舞のタイミングなど、
条件が複雑多岐になってきます、
弊社の実績もご覧ください。



[ 株式会社アイエヌジー ]
[ TEL : 099-260-4648 ]
[お問い合わせ]