[カテゴリー] ユーティリティー設備

プラント燃料


プラント燃料として最も多く使用されるのが重油であり、
その中のA重油について特徴など概要を解説します。
種類分けの要因としては、動粘度によるところとなちます。
A重油 : 動粘度 20CST以下のもの mm2/s(SI単位)
更に、A重油の種類は硫黄分により、1号及び2号に分類されています。
1号 : 硫黄分が0.5%以下で、LSA重油とも呼ばれています。
2号 : 硫黄分が0.5%以上2.0%以下でHSA重油とも呼ばれています。
用途 : 1号はプラントとしては工場の食品加熱用、
暖房 給湯 温水ボイラーとしても利用され、農業関連の暖房熱源など
2号は主に自動車ではないディゼルエンジンや小・中規模ボイラーの燃料などに用いられています。
重油タンク タンク製造から設置まで消防法の規則により、その取扱いにおいても、
危険物取扱の資格が必要となります、
設置場所によっても規則が定められており、屋外 屋内 地盤面以下の地下などと合わせ
基礎についても規則にのっとり設計施工を行います。
またユーティリティー設備
弊社の実績も合わせてご覧ください。



[ 株式会社アイエヌジー ]
[ TEL : 099-260-4648 ]
[お問い合わせ]