[カテゴリー] ユーティリティー設備

ユーティリティー設備


ユーティリティー設備

工場、プラントの機器を稼働運転や維持していくための工業用水 燃料 蒸気 温水
などを供給、循環などをするとしての設備であるユーティリティー設備
別名プラント ユーティリティ設備と呼ばれたり、用役設備とも呼ばれています、
設備機器についてその役割や種類の概要を解説します。
工業用水の設備には貯留槽、ポンプ、タンク、ろ過設備などを経由して、
配管供給され機器そのものに接続されるケースや冷却水としての用途や熱交換器を介して
温水利用や冷却として使用されます。
蒸気の供給としてボイラ用水とする場合は、薬液と合流させたり、
水そのもの性質を設定する軟水装置などを経由させますので、ボイラだけではなく
周辺設備のスペースも配置検討して位置を決めなければなりません。
熱源の燃料となる油類、ガス類にも機器用途や発熱量などランニングコスト別に、
多種多様な燃料が使われています、貯留タンクは屋外や工場内、もしくは地下に配置されることもあります。
圧縮空気の供給源としてコンプレッサーがあり、サービスタンク、圧縮空気のオイルや水分のフィルター
を経由して配管供給されます。
各機器についての詳細は個別記事として記述していきますので、そちらもご覧ください。
弊社の実績も合わせてご覧ください。



[ 株式会社アイエヌジー ]
[ TEL : 099-260-4648 ]
[お問い合わせ]