[カテゴリー] ユーティリティー設備

工業用水


工業用水としてのプラント ユーティリティについて、
井水が多く使用されています、この場合の配管、
機器に直接かかわりる技術的な要素を解説します、
用途的にもほぼ影響する要因として、井水の成分として含まれるシリカ(ケイ素)を
除去する必要が大いにあります、貯留槽た機器内部、配管内部に積層します、
まずは井水の水質検査でそのデータを把握しておくのが前提となります、(一般的にはppm単位)
除去する方法として最も多く行われているのが、ろ過タンクによる方法です、
タンク内部の要素としては砂、吸着樹脂、イオン交換樹脂、電極と吸着樹脂などが使われています、
また、これらの交換頻度や時期なども計画段階で把握しておく必要があります、
装置としてユニット単位の大きさを持ち、タンクの数、ユニットのたてよこ高さ寸法を
把握して検討おくことも大事です。
プラントのFLやGLに配置する場合と、それより高い位置に配置する場合とでは、ポンプの揚程に
関係してきますので注意が必要です。
井水配管の大まかな流れとしては、汲み上げ⇒逆止弁⇒ろ過タンク⇒貯留タンク(貯留槽)⇒
供給配管⇒となります。
また配管計画の記事と合わせて
弊社の実績も合わせてご覧ください。



[ 株式会社アイエヌジー ]
[ TEL : 099-260-4648 ]
[お問い合わせ]