[カテゴリー]環境プラント
     

環境プラント


環境プラント      
環境プラントは廃棄物処理をテーマとしていますが、
そのシステムは廃棄物からリサイクルをすることを旨としていることが大部分であり、
廃棄物からリサイクル(再利用)として付加価値を再現することにあります。
即ち、環境保全と資源の再利用の両立をなすことを意味します、
ここで、その機械プラントとして、最も標準的な処理の流れを解説します。
廃棄物搬入 ⇒  貯留ヤード ⇒ 受け入れ投入 ⇒ 破砕 ⇒ 分別 ⇒ 貯留 ⇒ 搬出
が大まかな流れになります、
各々処理ブロック別には、
洗浄⇒乾燥⇒粉砕⇒整形というプロセスが含まれ、
選別、分別は機械装置によるよる場合と人的作業に分かれます
振動ふるい、磁選機、トロンメル(回転篩)、アルミ選別機、ビンガラスの色分別装置、
手選別コンベア、などがそれにあたります。
そして、そのエリアを搬送手段として、ベルトコンベア、スクリューコンベア、フライトコンベア、エアー搬送
製缶ものと呼ばれる一時貯留通過としての貯留槽、空気搬送、
又、選別工程より発生する残渣物の扱いにも多様な方法がとられますし
設備の円滑な操業に向けたいわゆるユーティリティー設備も重要な要素として
設備され、大まかには、水及び液体貯留タンク、ポンプ、空気用コンプレッサー、
クーリングタワー、熱交換器
そして、これらが作動機能するための配管が張り巡らされています
集塵ダクト、バグフィルター、サイクロン、排風機、電源ユニット等
他にも多数の設備が用意されます。
弊社の実績も合わせてご覧ください。



[ 株式会社アイエヌジー ]
[ TEL : 099-260-4648 ]
[お問い合わせ]