よくあるご質問 プラント設計環境エンジニアリング工場機械
工場増設 配管設計 ユーティリティー設備 プラント工事


[カテゴリー] プラント設計


脱臭装置メーカーの脱臭



脱臭装置 設計制作工事








工場で発生する臭気




工場で発生する臭気にはその処理工程において、各部でそれぞれに発生することが一般的ですが、


詳細として各部により発生成分が異なる場合もあります。

1)生の状態での処理中に発生するメチルメルカプタン、硫化水素、硫化メチルなど、自然ではありますが


ある意味分離遊離しやすい必然的なもの、


2)海産物の魚介類によるトリメチルアミン、イソブタノールなど腐敗、発酵による臭気成分


3)メチルイソブチルケトン、トルエン、キシレンなどに代表されるいわゆるオイル系のもの


4)途中で化学反応してしまう場合、プロピオン酸、イソブチルアルデヒド、プロピオンアルデヒドに代表される


酸性のニオイや焦げたニオイがしますので、機械部品の加熱などと混同しがちです、


このなかで特に職場環境として、又近隣から苦情が出るケースとしては、1)や2)が多いのではないでしょうか、


更に2)のケースですと、発生までのプロセスとして、急ではなく時間が経ってから強くなる場合があります。


又、直接発生箇所を特定できず、困ってしまうケースとして、排水系からの発生経路もいくつか前例がありますが、


ご訪問読者様にはどのようなご都合によるものでしょうか。


脱臭対策の考慮するポイント




実際に対策に着手する場合、もっとも検討が難しく又、悩むところではありますので、


順を追ってプラント技術者が解説致します。


1)臭気指数について(参考):まず臭気指数とは、人間が嗅覚として感じる範囲の臭気というものを


ある種のレベルとか程度というものを客観的な数値としたものであり、


指数とは、例としてある基準を100としてその数値の増減で比較できるようにした指標です。


2)発生臭気濃度が一定的で発生箇所による、バラツキがない場合。


3)発生臭気濃度が一定ではなく、発生箇所でその強さが異なる場合。


4)工場全体に臭気が蔓延する又は広がる可能性の有無、


5)プラントのセオリーとして発生機器には集塵とは別にダクト、配管等が設けられていると思いますが、


それだけで吸引されていても実は機器の別箇所から漏れている可能性、あるいは、構造的に


密閉がむずかしい場合。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


脱臭対策を計画する場合において、上述の多種多様な条件による都合を把握する必要がありますが、


脱臭対策をしていくうえでの留意する点について幾つか記載します。


1)工場全体の方式の検討:


面積 x 風速 で風量がきまりますので、上述の臭気濃度(成分の含有量)がその風速と面積で


風量(体積)がまかなえるかどうかです。


2)臭気の強度に大小がある場合と一定の場合も含めて、高濃度臭気がある場合には、


ダクト or 配管を系列に分けて高濃度臭気の系列は、


別記事の脱臭炉を使用して熱分解方式で処理します、


そしてもう一方は、薬液を使用した化学反応により成分そのものを化学変化させます。


装置としましては、常に連続性を維持させることが出来る上に、


規模的な対応幅も広く風量と反応を条件ごとに自在に設計できます。


工事までの内容につきましては、別記事「よくあるご質問」も合わせてご覧ください。


脱臭装置


脱臭装置として脱臭装置の脱臭装置薬液洗浄及び薬液吸収脱臭装置などと呼ばれる


脱臭装置や脱臭装置をプラントに組み入れる方法について解説します。


プラント、工場の扱い品目により発生する臭気もさまざまではありますが、脱臭装置が必要な場合において、


発生臭気を処理して排出するまでのプロセス計画のガイドラインについて概要をまとめます。


(1)まず臭気の発生する装置からダクト及び配管を接続するヶ所を特定し、フードを設けます、


最も一般的な手順として機器の設計段階で行います。


(2)低濃度臭気と高濃度臭気にわけて、各々別系統ラインとして対象機器よりラインを合流させます。


(3)特に、高濃度臭気ラインは別記事の脱臭炉で熱反能処理させます、


(4)低濃度臭気ラインには、フィルター、薬液などいくつかの方法を用います。


(5)当然、それに付随してファンが必須となり、処理風量の設計が伴います、


脱臭装置 設計制作工事


関連技術として化学、製缶設計、ダクト、配管等が必須となり、必要な技術経験が伴なわなければなりません、


弊社アイエヌジーにご相談頂ければと存じます。


薬液洗浄の動作f原理




動作f原理:洗浄塔と呼ばれる容器の中で薬液と臭気ガスが直接触れることにより、


臭気成分と薬液の化学反応をおこします、さらには酸による洗浄塔とアルカリによる洗浄塔

による酸とアルカリ両方とも接触させていることであります。

脱臭装置 薬液洗浄とは脱臭において薬液をいわゆる物理的な洗浄と


化学反応によることが第一bに挙げられます、物理的な洗浄とは


臭気という気体と薬液を直接的に接触させることにより高能率のもとに


洗浄という動作が行われます、ちなみにここでは表現上「洗浄」と呼んでいますが


明らかに気体と液の接触による化学反応を応用した現象を利用しています。

もう一つのメリットは大排気量の臭気でも処理量に比例した規模がオーダーできます。


脱臭装置 薬液洗浄




脱臭装置 薬液洗浄の大まかなプロセスは以下になります、


薬液として使われるのが硫酸、苛性ソーダ、次亜塩素酸ソーダ


まず集められた臭気を一か所に集め酸による洗浄


脱臭装置としてこれらの薬液を貯蔵するタンクが配置され


配管のノウハウを考慮に入れ、配置を検討します、


酸による洗浄の次はアルカリによる洗浄を行います


アルカリによる洗浄を行いますが底面には水の循環を行いますので排水設備へとつながります。


脱臭装置 薬液洗浄の処理概要を揚げましたが、


更に、薬液による洗浄方法には、各種の流体技術が使われます、配管いよる循環やバルブの選定など


複雑な配管技術が使われています、臭気の種類、処理量など株式会社アイエヌジーにご相談下さい。